ワクチンの画像

Column(モノ以外のお話) 全て

コロナワクチン接種の2回目を終えての自分の症状

スポンサーリンク

どうも、弾き語り大好きなおじさん、inoと申します。

 

今回は全く音楽とは関係ない話なのですが、一応記録として残しておこうと思いブログに書くことにしました。

 

まぁ、タイトルの通り、コロナワクチンの話ですね。

 

世間的にはコロナウイルスワクチン接種がどんどん進んでおり、僕も先日2回目の接種を終えてきました。

 

いわゆる職域接種というもので受けてきたのですが、仕事柄県外には行かないものの、色んな場所へ訪問する仕事に就いているので摂取して、なるべくリスクを減らそうと思って接種を決めました。

 

 

そんな自分はこんな人です。

  • 30歳
  • 持病なし
  • 身長:175cm
  • 体重:60kg
  • 風邪もあまり引かない
  • 普段から体温高め(大体37度くらいある)
  • 運動は普段はあんまりしない、というかほぼしない
  • インドア派
  • 食べ物の好き嫌いは無い
  • 快食快便

 

後半どうでもいい情報でしたが、こんな感じ。

 

こんな人間のワクチン接種後の症状はどんな感じだったのでしょう。

 

 

1回目の接種

接種の流れ

自分は「モデルナ」製のワクチンを打ちました。

 

 

予診票とワクチンのロットナンバーを2回分貼る用紙を持って受付に行き、お医者さんの話を聞いてから打つ流れ。

 

接種券は会社に預けたのでその後、処理されたのでしょう、どうなったかは知りませんが。

 

話っていっても「ワクチンを打った後に頭痛や吐き気、発熱、腕の痛み等が出ることがありますが、その症状は5日〜10日すれば収まりますので安心してください。」

 

みたいなことを言われるだけでした。

 

「あなたはそれでも打ちますか?」(こんな煽っては言ってないけど、何かしら最終確認みたいなのはされた気がします。)

 

ここまで来て、やっぱやめます、という人はいるのだろうか。

 

 

1回目は大体お昼の12時頃に注射をしてもらいました。

 

刺された時は「あれ、もう終わり?」みたいな感じでした。

テレビで見てた長い注射針のイメージだったから、めちゃくちゃ痛いんじゃないかと思いましたがそうでもなかった。

 

打ってから15分ほど待機して、異常が出なければ帰っていいよって感じ。

 

「あ〜、午後から仕事か〜」なんて考えながら、異常もなく接種会場を後にしました。

 

モデルナ製ワクチンは4週間後が2回目の接種なので、この日に必ず来てくださいと日にちを決められて、終了しました。

 

コロナ対策をしていたので人数も少なく、滞在時間は合計で30分くらいでした。(これは場所によって違うので参考にならないかと思います。)

 

1回目の症状

打ってから2〜3時間くらいは体のどこにも変化はなくて、普通に仕事してました。

 

4時間くらいしたら、注射した腕の辺りが、「あ、ちょっと痛いかも」くらいの痛みを感じ出しました。

 

痛いって言っても、大きく動かしたら、少し痛いなってくらいで普通に歩いたり、デスクでパソコンイジったりしてる分には何も感じませんでした。

 

仕事が終わって、帰宅し風呂に入ったりもしたし、ご飯も食べて摂取してから7〜8時間後に何となく体がポカポカするなくらいの熱を感じました。

 

元々、体温が高い日が多いので体がだるいとかしんどいとかはなく、「少し体温高いかな」くらいの感じ。

 

腕の方は寝返りを注射の腕側に打つと痛いです、腕を挟んでは寝れませんでした。

 

この腕の痛みが完全に消えるまでに大体3,4日は掛かりました。

完璧に違和感が消えるまでなので、寝返り打てないとかは2日くらいで治りました。

 

 

1回目はこれくらいの症状。

 

 

2回目接種

そして、4週間後の2回目接種。

 

2回目も大体12時くらいに打ちました。

 

2回目の接種の流れ

わざわざ見出しを作ったけど、全く同じすぎる流れ。

 

予診票とワクチンのロットナンバーを貼る用紙を持っていって、お医者さんの話を聞いて〜の流れ。

 

ロットナンバーを貼る用紙は忘れずに持っていきましょう。

 

注射を打ってもらって、また15分待機して異常がなければ、退場って同じ流れです。

 

1回目と2回目のロットナンバーを貼った用紙は今後、「接種証明書」を発行するために必要になるらしい。

 

今後、コロナが収まっても海外とか旅行に行く際にこの「接種証明書」を提示しないといけないとかあるかもしれないので大事に保管しおこう。

 

 

2回目の症状

2回目は2時間くらいしたら、すでに打ったところに若干痛みが出てきました。

 

2回目はみなさん、発熱とか頭痛が出る人が多いと聞いていたので、これは早速来たかなと感じました。

 

体も1回目と同じくらいのポカポカ感。

 

念の為、用意していた解熱剤と痛み止めが複合されている市販薬を飲んでその日も普通に仕事をして帰宅しました。

 

仕事中もそれ以上は特に症状は悪化せずに大丈夫でした。

 

打ってから翌日辺りに高熱が出ると聞いていたので、枕元に解熱剤と飲料水を置いて、早めに寝ました。

 

「おい、発熱来いよ、いつでも解熱剤は準備できているぜ」と心して就寝。

 

そして、4時くらいに目が覚めて、トイレに行った。

 

また寝た。

 

7時くらいに起きた。

 

「あれ、、、発熱は、、、、???」

 

見慣れた天井、いつもどおりの朝、目覚めは悪くない、熱はない。

 

いつもどおり、朝ごはん(ゆで卵食べて、ヨーグルトにバナナをぶち込んでグチャグチャに混ぜたやつを食べた)を済ませ、身支度をし、会社へGO。

 

会社に行って

 

会社の人「あれ? inoくん、今日休まないの?体調大丈夫なの??」

 

僕「いつもと変わらないんですけど、休んで良いですか?」

 

会社の人「強い笑笑、あ、今日のスケジュール確認するね」

 

僕「はい、、」

 

そして、普通に午前中仕事をしてしまった。

 

でも、午後始めくらいに若干の倦怠感が出ました。

 

筋肉が少し重たい感じです、仕事で歩いたり、動いたりしたからかな。

 

そこでもう一回、市販薬を飲んでます。

 

それからはほんの少し、ダルさはあるものの、別に支障なく一日を終えました。

 

帰宅してお風呂に入り、ご飯食べて、今このブログを書いているのですが、みるみる内に元気になっていきます。

 

4人中3人が発熱してるって聞いていたので、どうやら4人中の1人だったようです。

 

ありがたいことだと思います。

 

 

最後に:打っても打たなくても自己責任

ワクチン接種は任意なので、強要されることはありません。

 

僕はもし、コロナに掛かったとしても重症化するのは避けたいし、その分回りにも迷惑が掛かるので打ちました。

 

打っても掛かる時は掛かると言われてますし、何とも言えませんけどね。

 

コロナのワクチンは今までのインフルエンザの予防接種とは違う形のものらしいので、怖いと思う人ももちろんいると思います。

 

打たない人を批判したり、逆もまた然り。

 

今更ながら、大変な世の中になったもんです。

 

早くコロナ渦が明けて、旅行でも行きたいなぁ、来年こそは、、、って去年も言った気がする。

旅行行きたいから、ワクチン打ったっていうのもある()

 

まぁ、何とかして生きていきましょうや、人生こんなところで止まってはおれんよ。 

 

ではまた。

 

ino

 

スポンサーリンク

-Column(モノ以外のお話), 全て