ギターの画像

Music(音楽・楽器) 全て

【初めてのギター】最初に買うギターの選び方

スポンサーリンク

 

突然ですが、皆様は昨今のコロナウイルスの影響でお家にいる時間が増えて、家で何か楽しめるモノを探すことが増えているのではないでしょうか?

 

そんな中でこの機会にギターを始めてみようかな、とお考えの方も多いのではないかなと思います。

 

ギターを始めたいけどギターの選び方が分からない!という方のために今日は語っていきたいと思います。

 

 

 

最初に買うギターでギターを続けるか、挫折するかを決めてしまうと言っても過言ではありません。

ただ、選び方は単純です。

 

ギターを買う時に楽器屋さんに行くと思うのですが、その際に最初のギターの選び方をお伝えします。

 

1.予算内で見た目のかっこいい、好きと思うギターを選んで(できれば3本くらい)を決める。

2.それをコードとか何も抑えなくて良いから、ジャーンと弾いてみる。

3.その中で一番トリハダが立った・かっこいいと思ったギターを購入する。

 

以上です。

 

あー!ブラウザバックしないでください!

 

もう少しだけお付き合い頂ければ、本当に一緒に居るべきギターと出会いやすくなりますのでもうちょっと見ていって下さい。

 

は?それだけ?、とお思いの方もいらっしゃると思いますが、これが僕が今まで経験してきた中でのギターを始める方に勧めたい選び方なのです。

 

まず見た目から選んで行く理由。

あなたはなぜギターを弾きたいのでしょうか?

率直に始める理由を考えてください。

 

弾きながら歌を歌って、人前で披露したい。

好きなアーティストに憧れて、そのアーティストの曲を弾きたい

YouTubeに演奏動画を投稿してみたい

将来、音楽の道に進んで、ビッグになりたい。

 

このような理由で始める方が多いと思います。

ここに共通することは一つ。

 

カッコよくなりたい自分がそこにいるのです。

 

いろんな理由があると思いますが、よく考えて辿り着く理由はここになると思いませんか?

しかし、何も恥ずかしがることはございません、みんな同じ理由で始めているのだから。

 

僕も始めた理由はギター弾けたら目立つし、かっこいい、モテたい!という理由で始めました(笑)

ただ始めた頃は学生だったし、こんなことを口に出したら笑われると思って、「何で急にギター始めたの?」って友達に聞かれた時

 

「いやー、〇〇○のギターフレーズに感動しちゃってさ、刺激を受けて始めたんだよね〜」

 

とか言ってました。

 

まぁ、これも言葉の奥を取れば、かっこいいから、なのですが、素直に言わないのです、過去の僕は(笑)

結局、素直な理由を言っても言わなくても、モテないんですけどね!!

モテる奴はギター弾かなくてもモテる、弾いたらもっとモテる、生きづらい世の中です。

 

 

何はともあれギターを始める理由は、カッコよくなりたいからという理由に辿り着くことが大半だと思います。

 

だから、かっこいいと思うギターを買うのです。

そのギターを持って演奏している自分を想像して理想の自分に近づいているのを感じた方が楽しいですし、ずっとそのギターを触っていたくなります。

いくら機能が良くて、レアなギターだろうと、自分がダサいと思うデザインのギターを触ろうとしませんよね。

 

選ぶ理由は正直なところ何でもOK

好きなアーティストが使ってるギターと同じ見た目だから、かっこいいし、弾きたい!とか

親しくしてくれている軽音部の先輩が勧めてくれたから使ってみたい、とか

このギターを抱えた感じ他のギターより抱えやすいから弾きやすそう、とか

単純に赤が好きだから赤いギターを構えて、みんなの前で歌って目立ちたいからこれにしよう!などなど

 

一本めのギターはあなたが感じたかっこいいを存分に発揮できるギターを買いましょう。

 

しかし、ギターを探していると、こんなことを言ってくる人もいるでしょう。

このギターは作りがあんまり良くないから〜

〇〇の素材を使って作ってるギターだから、微妙だね

入門セットとか買ってんの?笑、しょぼいギターがー

音質が〜、低音ガー、音圧ガー、鳴りガー、音の立ち上がりガー

 

とガーガー言うアヒルのような方々のコメントが沢山が出てきます。

調べれば調べるほど上で書いたような言葉が山ほど出てくるでしょう。

 

ただ購入する目的をよく考えてください。

あなたは自慢できるギターが欲しいのでしょうか?

それとも、楽しく頑張って練習できるギターが欲しいのでしょうか?

まだ弾けないのに素材のことや作りのことに詳しくなっても何も弾けないままであればはっきり言って時間の無駄です。

 

みんなに認めてもらえるギターを買ってから始めたいんだ!と言う方

 

はっきり言いましょう!!

100人中100人が良いというギターは存在しません。

 

確かにギターの素材や作り、製造年代、メーカーの種類で音の種類は変わってくるのは確かですが、珍しくて、高い素材を使っているからと言って、それが「良い」音なのかは人それぞれです。

 

よくギターは恋人を選ぶ時と重ねて言われることが多いです。

この人の大雑把なところは好きじゃないけど、優しいところが好き。

このギターのジャキジャキした音が好き、でも、ハイフレットが弾きにくいんだよなぁ。

 

みたいな感じです、ここは好きだけど、イマイチなところもあるよねって感じです。

みなさまの好きな人は完璧超人でしょうか?イケメン・かわいくて・美人でお金持ちで行動力もあって、紳士的で誠実、優しくてとか、嫌なところって一つもない方ってまぁいませんよね。

 

ギターも同じです、良いところが一杯あっても、一つや二つ自分にとって微妙なところがあります。

さっき書いたガーガーのアヒルさんたちのコメントはそれを寄せ集めたモノだと思ってください、いわば恋人の愚痴です。

 

そう考えると人もギターもそれぞれに見合った人と一緒に居るんだなって考えられると思います。

 

 

あと、よく言われるのが、価格帯です。

これは予算の都合もあると思うので無理のない範囲でかっこいいと思うギターを買うのが最善策です。

 

1万円前後のギターはやめておいた方がいいとか、初心者セットは避けた方がいいとかも聞いたことがあると思います。

これも良し悪しがあります。

 

あまりにも安いギターは(特にエレキギター)中の機械の付け方とか部品の耐久度が低い物を使っていたり、配線の劣化が早かったりする場合もあるので壊れて修理代が掛かってしまう時もあります。

  

しかし、学生などの予算の少ない人にとっては1万円でギターが始められるのはありがたいことですよね。

 

ただ、耳にしたことのあるメーカーで普通に使っていればすぐに壊れるギターって一概には言えませんが少なくなっていると思います。そんな不良品を作っていればすぐネットで広まりますからね。

 

初心者セットはギターを始めるにあたって、最初は何を揃えたら良いのか分からない方にとっては最適だと思います。

周辺道具の使い方、ギターの使い方をそれを買えば説明が付いてくるので調べたり、悩んだりする事が少なくギターの練習をすることができます。

 

ギターはやはり練習すればするほど身に付くモノです、時間を効率的に活用し練習することが大事なので、良いギターを探している間に片方は初心者セットを買った人がどんどん練習して、上手くなっていっていたりします。

 

あ、でもかっこいいと思ったギターが1万円であろうと30万であろうと予算内であればそれを買ってくださいね、「かっこいい」があなたを楽しませる最大の要素ですので。

 

 

長々と話してきましたが、、

■結論

お店に行って、好きな見た目のギターを予算内で何本か選んで一発ジャーンと弾いて、「今の俺・私かっこいい!」と感じたギターから始めましょう。

 

非常に単純、あなたの感じたままにギターという一緒に居たい相方(恋人)選んであげてください。

恋愛もギターも直感が大事!

 

あと、ギターが弾けるようになったらモテると思ってるあなた、そう、そこのあなた!

密かに練習してればモテるぞ、、、!クールに決めてやるぜ、、、!!

 

大丈夫、結構な確率でモテないから

 

素直にかっこいいからギターを始めましたと伝えよう、そっちの方が良いと思います、過去に気取っていた僕が言うのだから間違いない。。。。泣

 

以上です!

 

 

ではまた次回。

ino

スポンサーリンク

-Music(音楽・楽器), 全て