ギターを弾く女性

Guitar(ギターの弾き方やメンテナンス) 全て

【初めてのアコギ/その4】コード、ストロークを覚えてからする練習パターン

スポンサーリンク

どうも、弾き語り大好きおじさんのinoと申します。

 

さて、今回は初めてのアコギの4回目。

 

前回までは基本のコード(左手)をいくつか練習して、ストローク(右手)の練習もしてみました。

ある程度基本の動きが分かったら次は何をしていけば楽しく続けられるのか、今回はそちらについて書いていこうと思います。

 

 

まずは弾いてみたい曲を2,3曲思い浮かべよう

想像する人

ギターを始めたからには何かしら憧れのアーティストや弾いてみたい曲が存在するから始めてみた人が多いと思います。

 

その中で弾いてみたい曲ベスト3をひねり出してみましょう。

 

決して初心者にオススメの曲とかを無理やり練習する必要はありません。

 

確かに初心者にオススメの曲は基本コードの練習にもなるし、導入には良いかもしれません。

 

しかし、好きだったり、楽しいと思う曲を練習しないと絶対に挫折します。

 

初めての方に陥りやすい傾向として情報が先行して振り回されてしまうこと。

「ギター 初心者」とかで検索するとこの曲を練習をしよう!とか童謡をドレミファソラシドで練習しようとか出てきます。

やっても良いんですが、飽きたら速攻でやめましょう、無理に続けなくて大丈夫です。

「僕はこんな初心者の曲もできないのか、、、!!ギター向いてないのかな」

 

とか考えないでくださいね、一日二日で初心者を脱出したら天才です、そんな人ほとんどいないので心配ご無用。

 

まずは好きな曲をセレクトすること。

セレクト出来たら⬇へ行きましょう。

 

U-FRETでその曲を検索してみる

検索バー

スマホやパソコンで「○○○(好きな曲名) コード」と検索してみると検索結果の上の方に「○○○ ギターコード/ウクレレコード、、」と出てくるサイトがあるのですが、それが「U-FRET」です。

 

U-FRETのサイトはこちら

 

相当マイナーか新しい曲でなければ、結構な曲がこちらのサイトでギターコードを無料で見ることができます。

 

U-FRETの画面

 

aikoさんのカブトムシを検索したらこんな感じのページに飛びます。

 

今まで勉強してきたコードもすでに3つ出てきていますね(C、G、Am)

 

このU-FRETの良いところは簡単なコードで弾けるように勝手にコードを変換して表示出来るところです。

 

上から2段めのところ辺りに、Capo3 簡単弾き、と書いているのが見えます。

 

これはこの曲を基本的なコードで弾けるようにサイトが勝手に原曲のキーに合わせて表示してくれます。

 

ここで必要になってくるのが表示されている「Capo」カポタストという道具があります。

カポタストの画像

  

ギターにカポタストを挟んでいる画像

でっかい洗濯ばさみみたいなのが「カポタスト」です。

 

この様にギターのネックに挟んでチューニングを簡単に変えられるものなのですが、女性の歌とかはキーが高かったりして通常のレギュラーチューニングで基本コードを弾こうとしても出来ない時があります。

 

こういった時にこれを使うとカラオケでキーを上げる時みたいに簡単にキーを上げられます。

 

ちなみに1フレットに挟むとカラオケで言う、#に➕1するようになります。

2フレットに挟むと➕2、3フレットに挟むと➕3と順番に上がっていきます。

 

弾き語りをする上では頻繁に必要になってきますので1個は必ず持っておきましょう。

 

ちなみに先程のカブトムシを簡単に弾こうと思ったら、カポタストを3フレットに挟んであげて、表示されているコードで弾いていくと原曲キーで歌うことができます。

 

オススメのカポタスト⬇

⬆のカポタストは挟むチカラをバネで調節簡単に調整できて、女性の力でも挟みやすく、ワンタッチで付け外しができるのでおすすめです。

 

オススメのカポタストについて語った記事はこちら⬇

 

 

すこし話が逸れましたが、U-FRETで曲を探せたら今まで練習してきたコードが入っているがチェックしてみましょう。

 

6つ(C、G、D、Am、Em、Bm)のコードの内少しでも分かるコードが入っていればチャレンジしてみましょう。

大体の曲はこのコードがどこかに入っていると思います。

 

全部新しいコードだと大変ですが、新しいコードが2,3個なら追加で覚えるとしてもそんなに難しくないと思います。

 

新しいコードが出てきたら追加で指の形を覚えていきましょう。

コード名まで覚えなくても弾けたらOKです、僕もあんまりコード名までは覚えていません。

 

 

そして、できればコード表をパソコンやスマホでそのまま見るのではなく、ノートや広告の裏側でも良いので実際に書き写してから練習するとより頭に残りやすくなります。

 

手書きで書いて、一覧で見えるようにした方が一々画面をスライドしなくて良いし、暗記の力になります。

 

U-FRETも画面を自動でスクロールする機能はあるのですが、有料コンテンツなので無理に使う必要はありません。

本当に必要になったら有料コンテンツに登録するのも良いでしょう、かくいう自分も登録しています、頻繁にお世話になっているので!

 

 

弾き語り本やバンドスコアを買う

本の画像

 

U-FRETは基本のコードや簡単なコードで弾けて便利なのですが、原曲と全く一緒のコードを使っているとは言えません。

 

実際ギターコードは色んな形があり、押さえるところが少し違うだけで雰囲気が変わってきたりします。

 

そんな時には弾き語り専用に作られた本やバンドスコアを見るとより原曲に近いコードで弾くことができます。

 

特にバンドスコアはそのアーティストが出しているスコアであれば間違いなく原曲のまんまのコードが載っているはずなのでよりギターの音を楽しむことができるはずです。

 

こちらの本とかは今回勉強した楽譜の形式が載っているので分かりやすいと思います。

自分の好きな曲が載っていたら購入してみましょう!

 

あとは好きなバンドのアルバムのスコアとか購入するのも良いでしょう、少なからずコードの表記は載っていると思うのでそれを見ながら練習するのもありです!

 

 

難しそうなコードが出てきたら変な記号は取っ払おう!

楽譜をみていると何か基本コードの横にいっぱい数字やらアルファベットやら付いているコードがあります。

 

Cadd9 Bm7-5 Ddim、、、

 

何か引き算みたいになってるコードもある、、、ああああああああああ算数キライだよーーー!!!!

 

とまぁこうなる人もいると思うのですが、軽く考えて行きましょう。

 

自分にはまだこのコードは難しそうと思ったら、、

 

Bm7-5と出てきたら、Bm7にしてしまいましょう。

Cadd9も9もaddも分からないから取り敢えずCコードで練習しよう!

 

みたいな感じで見たことのあるコードになるまで数字や文字を削ってあげれば、それっぽくは聞こえるので最初の内はそれで手の練習をしましょう。

 

もっと練習の合間にコードを沢山覚えたいんじゃ!!!!

 

というガッツのある方はもちろん追加で新しいコードを覚えていってください。

あくまで今の自分には難しそうと思った時は簡単にしましょうというだけのことです。

 

楽しいと思える方にどんどんチャレンジするのがギターを継続するためにとても大事なことです。

 

 

まとめ:とにかく好きな曲をジャンル関係なく、弾きまくろう!

ギターを弾く女性

 

アコギを弾いているからと言って、別にパンクバンドの曲を弾いてはいけないことはありません。

 

楽しそうと思えば、絶対にチャレンジしましょう、好きな曲、弾きたい曲が沢山あるということはそれだけギターに触れられるチャンスがあるということです。

 

ギターが上手くなるチャンスが沢山あるということです。

 

ギターが弾けるようになるにはギターをとにかく弾くしかありません。

 

パソコンやスマホで知識だけ眺めていても全く意味がありません。

 

とにかく楽しんでギターに触ること

 

楽しいに勝る努力はありません、この記事からギターを大好きになって貰えると本当に嬉しいです。

 

一旦、初めてのアコギ投稿は終わりですが、また気づいた点や自分が過去に苦戦したことを思い出したら書いていこうと思いますので、参考にしてやってください!

 

ではまた!

 

ino

 

スポンサーリンク

-Guitar(ギターの弾き方やメンテナンス), 全て