ストロークの楽譜

Guitar(ギターの弾き方やメンテナンス) 全て

【初めてのアコギ/その3】ギターのストロークの練習とコツ

スポンサーリンク

ギターの練習をしすぎて、指から血が出たことがある、弾き語り大好きおじさんのinoでございます。

 

さて、今回はギターを買ってすぐにチャレンジしてほしい、覚えていてほしいことの3回目です。

 

その3では右手の練習、ストロークの楽譜の読み方や基本的な練習をしていこうと思います。

 

前回のその2の記事⬇

 

左手の動き(基本のコード)は何となく覚えてきたけど、上からジャンジャンと弾いているだけではギターを弾いているという感じが中々しねぇよ。。

 

それもそのはず、右手の動き(リズム)があってギターで奏でる音楽は基本的には成り立っています。

 

コードとストロークが出来るようになれば、一気にギターが楽しくなってくるので頑張っていきましょう!!

 

 

ストロークの楽譜の読み方

手書きで汚くて申し訳ないです!!

楽譜やバンドスコアを見ると五線譜の上にこんな感じの記号が書いてあることが多いです。

 

これが右手の動きを示してくれているストロークの楽譜です。

真ん中にある縦線が一小節を区切っています。

 

一番上にコードの名前を書いてくれていて、その下に凸凹マークみたいなのが見えます。

凸のような形はダウンストロークと言って、上から下へ弾くストロークの形です。

 

vの形はアップストロークと言って、下から上に弾くことを指しています。

 

ストロークって基本的にはこの2つの動作しかありません、案外簡単そうでしょ?

 

 

実際にこの楽譜をCコードで弾いてみると⬇の感じ

 

文字に起こすとこんな感じ⬆

 

この五線譜の上に書いている線は4部音符と8部音符の一回のストロークの長さを表しています。

 

あんまり細かいことは省きますが、ジャンとジャカの形はこういう音符なんだと覚えておきましょう。

 

 

ストロークの基本練習

まずはCコードとGのコードを先程のジャンジャンジャカジャカというストロークを使って、練習してみましょう。

 

実際の動きがこちら⬇

 

1小節ごとにコードチェンジを行ってみましょう。

今まで練習したコードを2つずつ組み合わせて色々変更してチャレンジしてみましょう。

 

 

続いて一小節に2つのコードチェンジを行う練習です。

 

すばやくチェンジを行わないといけないのでけっこう大変かと思います。

 

前回に紹介した4つのマイナーコードを使ったコードチェンジの流れでもチャレンジしてみましょう。

案外、Bmに移るときが難しかったりします。

 

 

ストロークを練習する時のコツ

コードも覚えてきて、ストロークをやってみようと思ったら、出てくる問題が2つくらいあると思います。

 

ピックが弦に引っ掛かってスムーズに動かせない

ストロークかコードチェンジのどちらかに意識が行ってしまってごちゃごちゃになる

 

前者に関してはピックを持つ手に力を入れすぎないことが重要。

 

以前にストロークについて詳しく書いてあるので、こちらを参考にしてみてください⬇

 

後者に関しては、まずは左手の形をしっかり覚えてからストロークに取り掛かること。

 

一気に両方取り掛かろうとしない

 

1個ずつ確実に、同時進行は片方を忘れやすくなるので左手を練習する時はストロークはダウンストロークだけのような簡単な動きだけで練習してみましょう。

 

 

まとめ:ダウンとアップのストロークが引っ掛からないように弾けるようになろう

ピックを持って単純に上・下と動かしてみても案外、弦に引っ掛かったりしてリズムよく弾けなかったり、ピックを落としたりして難しいと思います。

 

これまでストロークのやり方を書いてきましたが、単純なダウンアップでもスムーズにリズムよく出来るようになるのが重要です。

 

ピックを持つ手の力をなるべく抜いて、軽くピックで弦を撫でる感覚で弾くように心がけましょう。

 

アコギで弾き語りをすることが目標の方であれば、右手のストロークがリズムのカギです。

こちらもしっかりとリズムを刻めるようにならないと中々様にはなりません、僕も毎回どうすればかっこよくリズムを刻めるのか悩みながら弾いています。

 

 

ダイアグラムとストロークの表の読み方も分かったし、コードも何種類か覚えたし、ということで、次回はこのチカラを使ってこれからどんなギターの練習にチャレンジしていくかを書いていこうと思います。

 

ではまた!

 

ino

 

スポンサーリンク

-Guitar(ギターの弾き方やメンテナンス), 全て