COSMONAUTのジャケット

Music Goods(楽器周辺) 全て

yahooニュースさんによる、2021年:BUMP OF CHICKENアルバムランキング

スポンサーリンク

今日スマホを覗くと、タイトルの通りBUMP OF CHICKEN好きのための素敵アルバムランキングの結果が公表されていました。

 

第3位〜第1位までのランキングとか曲に対しての感想をぶちまけていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

第3位

orbital period

 

 

「涙のふるさと」や「花の名」、「カルマ」など、CMソングや映画の主題歌、ゲームの主題歌にBUMPの曲がたくさん起用され始めたころのアルバムですね。

 

「涙のふるさと」が堀北真希さんの出てたロッテのCMに使われて、テレビで流れた時は今でも覚えています、興奮したなぁ。

 

その当時、藤くんも

「CMって大体サビから入るのが多くて、あんまり好きじゃないけど、このときはBメロから流れたんだよね、曲を大事にしてくれてるなって感じた」

みたいなことを言っていたのを思い出します。

 

このCMの監督が「涙のふるさと」のMV担当の「山崎貴」監督でした。

この方もBUMP OF CHICKENの大ファン、後の映画主題歌を務めた「Allways 三丁目の夕日」やBUMPの楽曲の「パレード」「コロニー」のMVの監督さんでもあります。

 

 

一曲一文感想!!

 

voyager

人工衛星が離れていくことに対して、人工衛星に感情を乗せて寂しいとか物語が作れる藤原基央氏に当時度肝抜かれた、見てる世界違うべ。

 

星の鳥

よくスキップします。

 

メーデー

イントロかっこよすぎ。ドラムソロがかっこよすぎて高校生の時に練習しまくった、手からスティックがすっぽ抜けて家の窓ガラスが割れた思い出。

 

才悩人応援歌

BUMPをあまり知らない人でもこのアルバムを貸したら、この曲がかっこよくて好きだったって人が多い位、かっこよくて印象に残る曲!

 

プラネタリウム

この曲を歌う時、「触れようと君の名前を呼ぶ」のところをいかにかっこよく歌えるかが肝だと勝手に思っています。

 

supernova

「超新星」=「supernova」星が死ぬ瞬間、その星の生涯で一番輝くことを言うそうです、消えるのに超新星、ロマンしかない、大事なことって失くなってから知る事が悲しいけど多い、それに気付ける人間になりたい。

 

ハンマーソングと痛みの塔

BUMPにしてはこの当時はじめて位に新鮮な曲でした。当時のファンからは賛否両論でした。

 

時空かくれんぼ

「さらけ出したい自分」と「それを見られたくない自分」、僕と僕とのかくれんぼ。

 

かさぶたぶたぶ

本当は隠し曲で使う予定だった曲らしい、あまりにも良かったからスタッフさんからアルバムに勧められたそうです。

 

花の名

映画主題歌になってメディアでも多く取り上げられた曲。「一緒に見た空を忘れても 一緒に見たことは忘れない」って歌詞が特に好きです。

 

ひとりごと

優しい人ってどんな人?究極の質問、一つの答えがこの歌詞の中にあります。

 

飴玉の唄

人間の距離感ってなんて難しいんだろう、丸い飴玉は信頼の証。

 

星の鳥 reprise

こっちのほうがよくスキップします。

 

カルマ

テレビゲームの「テイルズオブジアビス」のメインテーマ。アニメの主題歌でもあります。とにかくかっこいいの一言、厨二病になる、当時You Tubeでいろんな演奏動画を貪り付いて見ていました、みんなかっこよかった。

 

arrows

個人的にはこのアルバムで一番好きな曲。「嫌いな自分」と一緒に歩くことを教えてくれる「弓の唄」

 

涙のふるさと

当時スクール・オブ・ロックで流れて録音して死ぬほど聴いてました。意外と歌うとキー高いことに気付かされて絶望する。

 

flyby

アルバムのエンディング的な曲。flybyは衛生や宇宙船が星と着陸せずに接近・通過すること。存在を忘れたり、思い出したり、近づいたり、離れたり、そんなことを繰り返して僕らは回ってる。

 

 

 

続いて、第2位

COSMONAUT

 

 

こちらのアルバムは3位とは違ってあまりタイアップとかはなかった印象。

全体的な感覚として、子供の頃のイメージと今の自分のイメージが出てくる歌がとても多いです。

 

この頃、BUMPのメンバーは30歳を越える年、人生の節目として今までの人生観や彼らの音楽技術を詰め込んだアルバムになっていると感じています。

 

 

一曲一文感想!(一文じゃない説)

 

三ツ星カルテット

珍しく変則チューニングの楽曲、ギターが以上にきれいな音。

メンバーとのミーティング時にアレンジに藤くんが納得いかなかった際に出来た曲。三ツ星は藤くん以外の3人、その3人とカルテット(四重奏)、何が何でもこの4人でバンドをやっていく、強い意志。

 

R.I.P

大切な人との時間、悲しいことも嬉しいことも一緒に居られるからこそ感じれるもの、そこに居れない恐怖、だからこそ今が愛おしい。間奏のギターの掛け合いがBUMPらしいソロで大好きです。

 

ウェザーリポート

個人的には時空かくれんぼとリンクする感じのする歌詞。イントロのギターは学校のチャイムをイメージしているそうです。

 

分別奮闘記

最初イントロ聴いた時、トトロの曲かと思った。夢をゴミに表現するとか表現方法がうまいなぁとしみじみ感じる曲。

 

モーターサイクル

この曲のMVではイントロとアウトロが繋がるように作られています。この歌詞の内容は永遠と続くよ、という意思表示にも感じられます。

 

透明飛行船

自分にしか分からない痛み、大丈夫と言い疲れた時に聞く曲。平気なふりって自分だけじゃない、みんなしている、だから気付いてあげよう。

 

魔法の料理〜君から君へ〜

藤くんが20代最後に書いた曲、子供の頃の自分へ信じることを伝えるメッセージ。この曲歌いながらアルペジオするのがめちゃ難しい。

 

HAPPY

「悲しみは消えると言うなら喜びだってそういうものだろう」悲しみを糧にして生きても構わない、とにかく生きていてほしい。「消えない悲しみがあるなら生き続ける意味だってあるだろう」思い替えれば、新しい人生の始まり。

 

66号線

結婚式で流したい曲ナンバー1。歌いながら泣く曲ナンバー1。大切な人すべてへ贈ることが出来る曲だと思います。藤くんが大切なプロデューサーさんへの思いを込めた曲とか。

 

セントエルモの火

秀ちゃんが富士登山をすることを知って、こっそり同じ日に藤くんも登山して驚かせようとした、というエピソードから出来た曲。

 

angel fall

マイケル・ジャクソンの追悼の意を込めた歌らしい。噂ですが。

 

宇宙飛行士への手紙

言葉で伝える事と実際に一緒に居て経験したことは別物。だから出会えて一緒に居られる今がこんなにも大切で、きっとこの思い出は君を失ったとしても僕を後押ししてくれる。

 

イノセント

イノセント=純粋。生きているだけで十分素晴らしい、努力、愛情、夢、希望、何ともありきたりな綺麗事。君の嫌いな綺麗事で出来た唄はいつでも側にある、いつか君がチャンスを貰って進める時、君を支える綺麗事の唄がここにある。

 

beautiful glider

やりたいことへ背中を押すのは結局自分だけ。でも、一人で必死に飛び続ける自分を優しく応援してくれる唄。見放さないのがさすがBUMP OF CHICKENです。

 

 

 

長くなってますが、映えある第1位は!!!

 

 

ユグドラシル

これはめちゃくちゃ納得の1位です。個人的にですが。

 

 

と、ここまで書きましたがとても長くなってしまったので、ユグドラシルについてはまた明日に書きます。

ユグドラシルは僕も一番と言って良いほど好きなアルバムなので長々と書いていこうと思います。

 

 

ではまた次回!

 

ino

 

スポンサーリンク

-Music Goods(楽器周辺), 全て