soundcore life p2

Gadjets(スマホ・PC周辺) 全て

【Anker:Soundcore Life P2 レビュー】初めての完全ワイヤレスイヤホンならこれでいい

スポンサーリンク

皆さまは普段ワイヤレスイヤホンを使っていますでしょうか?

 

このサイトに来た方はなんやかんや音楽が好きな方が多いと思うのでイヤホンは必須アイテムと言っていい程だとは思うのですが、

 

今回は完全独立型イヤホン(ワイヤレスイヤホン)のお話です。

 

ワイヤレスイヤホンって出かけたりする時はもちろんですが、室内でも作業や家事をする時に音楽や動画を見ながら気軽にできるのが良いところ。

特に洗い物とか僕はあまり好きではないのですが、You Tubeとか見ながらするとあっという間で苦ではなくなるのでおすすめ。

 

 

普段僕がよく使っているのはAppleのAirPodsProです。

AirPodsProは個人的には最強のイヤホンです。

音質は良くないって言われているけど、あのフラット感じで、伴奏は程々の音質が個人的には好きです。ノイキャンや外部音取り込み機能も素晴らしいクオリティ出し、ペアリングなどの操作性もAppleユーザーからしたらワイヤレスイヤホンはこれしかないってくらいです。

 

ただ、イヤホンで税込み3万円は正直バグってる。

 

外に持ち運んで片耳のイヤホン失くしたら、1万円落とすようなものですよね!?(イヤホン右左1万ずつ、ケース1万としたら)

 

機能は本当に素晴らしいけど、ワイヤレスイヤホンって失くしやすいし、落として壊れるとかありそうだし、AirPodsProは自宅で楽しむようにしておきたい気持ちが使ってて思うようになってきました。(貧乏性)

 

そこでふと思い出したのがアマゾンのイヤホンランキングで長い間ずっと目にしていたこの記事のタイトルの「Soundcore Life P2です。

 

AnkerのイヤホンはLiberty Neoを昔使っていて、音がキンキンしたりずっと使っていると耳が痛かったりで少しトラウマで購入するのに足踏みしていました。

先日の誕生日に彼女に欲しい物ないかと聞かれたので、せっかくなのでこれ頂戴とお願いしたら買ってくれたので手に入れることが出来ました。(実は貰うまではそこまで欲しくなかった)

 

でも使ってみたら

 

え、、?5,000円のワイヤレスイヤホンってこんな良いの、、、?

 

という通販みたいなリアクションを取ってしまうくらい十分に自分の気持ちを満たしてくれたのでAnkerさんに驚きでした。

 

前置きが長くなりましたが、Soundcore Life P2の良いところ、微妙なところを忖度無く書いていこうと思います。

 

 

5,000円以下なのに安っぽくないデザイン

 

なんたってアマゾンで4,999円で変えてしまうのが一番の魅力。

 

でも、全体はブラックで統一されていてマットで安っぽくなく綺麗な印象。

 

AirPodsのようないわゆるうどん型ですが、カナル型なので密閉感が高く、音に集中しやすいです。

この密閉感も結構高くて、話し声とか外部の音が結構聞こえづらく、音楽に集中できます

なのでジョギング時や自転車に乗る時などは片耳だけ付けることをおすすめします。

片耳音声にも対応しているので問題ありません。

 

ケースの形状は手のひらに収まる感じですが、厚みが3センチ程あります

ポケットには入りますが、厚みがあるのでスマホとこれを入れたらそこそこモッコリすると思います。

個人的にはポケットには入れたくないと思う厚みでした、ショルダーバッグとかに入れる分にはコンパクトなサイズなので問題ありません。

 

 

水深1mに30分使ってもOKな防水性能

IPX7

IPX7という防水規格を持っていて、見出しの通り外で水溜りに落としたとしても問題なし、何ならお風呂に落としても大丈夫。

 

 

一回の充電で40時間連続使用

イヤホン単体では7時間使用可能

ケースに入れて充電すると最大40時間まで繰り返し使用が可能。

40時間って2,3日の旅行なら充電しなくても十分持つレベル、、これは他のワイヤレスイヤホンでもなかなか無い。

 

ちなみに10分充電すると1時間聞けるようになる、急速充電対応になっています。

朝の忙しい時、「充電がない!!」ってなっても10分充電すれば通勤時間くらいは音楽聞けるので、これはとてもありがたい機能。

 

充電のコネクタはUSBTypeCです。

最近のガジェット界隈はTypeC充電が増えてきているので、コードが増えなくて嬉しいですね。

 

 

aptXコーデックに対応

 

Bluetoothイヤホンのデータ転送の種類には3種類あって

その中でもaptXは一番遅延が少なく、音質もクリアで高いものになります。

 

Bluetooth5.0の接続の安定性はその他の格安ワイヤレスイヤホンとは比べ物にはならないくらいの出来栄えです。

 

aptXに関しては対応しているスマホを使わないと意味が無いんですが、Androidスマホを使っている方はよりクリアで映像と微塵の誤差も無い音を楽しむことができます。

 

5,000円以下でこのaptXコーデックに対応しているイヤホンはほとんど無いそうです、ほんとに5,000円以下なの??

 

 

音質は伴奏が前に出るイメージ

 

自分がよく使っているAirPodsProと比べると中高域が強く出ている感じ。

シャリ感はあるけど、耳が痛いなと思うほどでも無いです。

低音も強いらしいけど、びっくりするほど鼓膜を揺らされるかというとそこまででもないです。

 

ただドンシャリ感は確かにAirPodsProより強いので男性ボーカルを聞く時は伴奏が前に出て、ボーカルが少し後ろに下がる感じ。

 

他社のワイヤレスイヤホンと比べるとフラット寄りではあります。

AirPodsProよりライブ感や音楽を楽しむのであれば、Life P2の方がテンションが上がって楽しいと思いました。

 

オールマイティに話し声や動画、音楽をフラットに聞くのは得意では無いけど、音楽を楽しむのであればむしろLife P2の方が適しているような気がします。

 

イヤーピースを外すとスピーカーの先が細長くなっていて、耳の穴の奥までしっかりと入り込んでくれます。

密着感が生まれ、落としにくいし、音楽もしっかりと漏れなく耳に届いてくれます。

吸い付く感じなので長時間付けていても耳は痛くないです。

 

 

物理ボタン操作で簡単操作

 

イヤホン本体のマーク部分はボタンになっていて押す回数で操作ができます。

 次の曲へ飛ばす  右のボタンをダブルクリック 
 前の曲へ戻る  左のボタンをダブルクリック
 再生・一時停止 左右どちらかのボタンを一回クリック 
 電源オフ 左右それぞれのボタンを3秒長押し
 電源オン 左右それぞれのボタンを一回クリック
 電話に出る 着信中に左右どちらかのボタンを一回クリック 
 電話を切る 通話中に左右どちらかのボタンを一回クリック
 着信拒否 着信中に左右どちらかのボタンを1秒間長押し

 

耳に付けたままボタンを押すので操作の時は若干の耳に圧迫感は出ます。

タッチセンサーとかだと押したかどうか分からない時はあるので個人的にはボタンが好みです。

 

 

電話相手にはクリアに自分の声を届けられる

 

もちろん電話が掛かってきたら、このイヤホンを付けたままイヤホンマイクでスマホを取り出さずとも会話ができます。

 

通話時はノイズキャンセリングと言って、自分の声以外の雑音を低減して声を相手にクリアに届けることができます。

なので、よく人混みや電車が通っている場所などで起こる

 

「ええ!?何???周りがうるさくて聞こえない!!」

 

という電話の悩みを軽減してくれます、音楽だけではなくマイクとしても実用的です。

 

 

微妙なところ

ケースがでかい

上でも書いたのですが、地味に分厚いです。

ポケットに入れると明らかにモッコリするので、40時間も使用時間要らないからを薄くしてほしかったです。

 

イヤホンを戻す時にワンアクション必要

耳に入れる時は横になっているイヤホンを縦に持ち替えるという事をしないといけないので摘んだ時に少し落としそうです、慣れの問題だと思いますが、、

 

戻す時はそこまでかな、、設置場所がマグネットになっています。カチッと吸い付くように収まってくれるのでここは安心かもしれません。

 

ワイヤレス充電には非対応

 

USBTypeCでの充電はありがたいですが、無線充電には非対応です。

5,000円以下でこれができたら目玉飛び出ますけどね、一応AirPodsProとの比較として挙げておきます。

 

端末ごとのペアリングの切り替えが面倒

 

もしiPhoneで最初にペアリングをした後にiPadにペアリングをしようとすると

 

①イヤホン左右のボタンを3秒長押しして登録をリセット(イヤホンのランプが赤く光る)

②iPhone側の設定アプリ→Bluetooth→Soundcore Life P2のペアリング登録を解除する

③イヤホンをケースに戻して、iPad側のBluetoothをオンにする

④ケースからイヤホンを取り出して、iPad側にSoundcore Life P2の表示が出たらタップしてペアリング完了。

 

手順が多い!

 

外に行く時はスマホでしか音楽聞かないよって方には気にならないけど、自宅で端末を切り替える人にはこれはかなり面倒くさいですね。。。

 

 

まとめ:この価格帯ではコスパお化けイヤホン

 

5,000円以下で音質良し、防水性能良し、遅延なし、電池持ち良し、デザイン良しでワイヤレスイヤホンに欲しい最低限の性能がばっちり詰まっています。

 

好みの音質とか特に無いよって方には初めてのワイヤレスイヤホンにSoundcore Life P2を選んでも嫌な事はないなと思いました。

 

発売されて2年位経っているみたいですが、今でも売れている理由が分かった気がします。

 

僕もこれから外出時はこのイヤホンで音楽を楽しもうと思います。

落としても安いし(ものは大事に)

 

気になった方はチェックしてみてくださいね。

 

皆さまの音楽ライフの参考になれば嬉しいです。

 

ではまた!

 

ino

 

 

後継機種のSoundCore LifeP3が発売されました!⬇レビュー

スポンサーリンク

-Gadjets(スマホ・PC周辺), 全て