うるさい音

Column(モノ以外のお話) 全て

エアコン?天井?ポコポコ音が鳴る原因と対策

スポンサーリンク

先日、深夜の3時くらいに急に目が覚めた。

 

何か音が鳴っている。

 

ぽこ、ぽこ、ぽこ、ぽこ

真夜中に思わず撮ったので真っ暗ですが

 

一定のリズムでスチールの缶を棒で叩いているようなコンコン、ぽこぽこという音。

 

待ってみても一向に音は止まずに寝れないので、音の鳴る方へ近づくと、どうやら窓際に付いているエアコン辺りから音が鳴っている。

 

外かな?と思って、ベランダの窓を開けると、あら不思議、音が止まりました。

 

怖、え、おばけでも来てた?窓開けたら出ていった??

 

そんなわけもなく、管理会社に問い合わせてみたら原因と対策が分かったので記録していこうと思います。

 

 

原因は部屋の空気の通り道「ドレン管」

ドレン管とは

エアコンから出る水を排出するためのホース。
室内の温度を下げた時にエアコン内の水分が結露して水が発生、それを排出するための管です。

ドレン管

こちらのサイトから画像をお借りしました。

 

大小様々あるようですが、上のような部屋の外にあるエアコンの管。

 

どうやら、このドレン管から空気が逆流してしまい、その時にポコポコという音が鳴ってしまうらしいのです。

 

ドレン管が汚れていたりすると余計に音が鳴りやすくなるようです。

 

じゃあなんで空気が逆流してしまうのか。

 

 

空気に逆流は部屋の気密性が高いから

気圧計

部屋の気密性が高い=気圧が低い、ということなのですが、

 

気圧が低いところに空気はどんどん入ってきてしまいます。

 

気密性が高いマンションなどは音の響きが少なく、騒音トラブル等が少ないというメリットがあります。

 

その代わり部屋の気圧が下がり、今回のようなドレン管から空気が逆流して異音が鳴ってしまうということは多々あるようです。

 

部屋のドアを開けようとした時に「ボアっ!」って音と共にドアが少し開け辛かったりすることはないでしょうか?

 

これは部屋の気圧が低く、ドアに圧が掛かってしまっているからです。

 

僕も今の部屋を決めたのも、楽器を弾くからと言って、なるべく遮音性の高い所を選んで借りたので気密性が高いのは仕方のないことなのですが、高すぎるとこんなことが起きるとは良い経験になりました。

 

防音室がある賃貸なんかはもっと起きやすいようなので、ご注意ください。

 

 

音がなった時に対策

窓を開ける

タイトルの通りなのですが、軽い空気の逆流であれば、窓を開けて気圧を屋外と一定にしてあげると音が止まります。

 

僕が外を確かめようと窓を開けた時に音が止まったのはこの時気圧が一定になったからです。

 

確かに窓を開ける時、めちゃくちゃ重たくて、本気で幽霊か何かがいるんじゃないかってくらいの重さでした。(気圧だよ)

 

あと数日前に窓に付いていたこんなスイッチをいじった事を思い出しました⬇

換気口

 

これを換気にしてたら中を音が外に漏れるんじゃないかと思って閉じるにしちゃってました。。。

 

そして数日後にぽこぽこぽこ、、、まさかこれを防止する換気口だったとは、、

 

みなさんもこの「24時間換気口」が閉まっていないか確認してみましょう。

 

汚れていたりすると開けていても空気の流れが悪くなるので掃除もしてあげると効果が高いです。

 

ドレン管に逆流防止弁を付ける

空気の逆流を防ぐために「逆流防止弁」なるものが売っているそうです。

 

ただし、賃貸の場合は一度管理会社に問い合わせをしてから取り付けをするようにしましょう!

 

賃貸すべてが借り物なので勝手に器具を取り付けると退去時のトラブルにもなりますので、確認を。

 

確認すると案外、管理会社が業者さんを手配してくれて音が鳴らないように取り付けなり、修理なりしてくれるのでこちらが負担することもないかもしれません。

 

僕も念の為、業者さんに取り付けて貰ったのですが、一瞬で付いて時間もかからなかったです。

 

ドレン管の掃除をする

ドレン管の汚れがあまりにも酷いと防止弁では対処できないようなので、管内の洗浄が必要になるようです。

 

今回はそこまでには至らなかったので、洗浄はしていませんが、業者さんに聞くと軽い洗浄で1万円くらい、ドレン管を分解して洗浄するとなると3〜5万くらい掛かることもあるようです。(業者さんによって価格が異なります)

 

賃貸の場合は管理会社が負担してくれるかもしれませんが、持ち家の方だと全額自己負担になるのでなかなか大きな出費ですね。

 

防音室を作っているお家なんかだとこういう事が発生しているかもしれませんね。

 

 

まとめ:遮音性の高いお家は仕方なし!

気密性の高い家

気密性の高いお家は

  • 遮音性が高い
  • 温度変化が少なく、快適に過ごせる
  • 騒音トラブルが少ない

などなど、メリットが沢山あるのですが、今回のような思いも寄らないトラブルも起きます。

 

管理会社の人曰く、「最近の遮音性の高いマンションはどうしても、この現象が起きてしまう」とのこと。

 

僕も引っ越してきて最初の夏を終えようとしていた時に起きたことなので、仕方のないことですね。

 

まぁ、対策も分かったし、今のところは全く音がしなくなったので問題なしで知識も得られたのでオールオッケー!

 

皆様もお部屋のドアを開ける時、「ボアっ」と開け辛く、気圧を感じたらご注意を、、

 

ぽこぽこぽこ、、

 

夜中に奴らが来るかもしれません、、、、(誰?)

 

 

お役に立てれば幸いです。

 

ではまた!

 

ino

 

スポンサーリンク

-Column(モノ以外のお話), 全て